松江探報 エバレット・ブラウン写真展、加賀潜戸 10/28
2019-11-05

〇エバレット・ブラウン湿板光画展 Roots of Shimane
 小泉八雲記念館 10月10日(木)〜11月4日(月)
 ラフカディオ・ハーン渡米150年記念事業として、10月10日(木)よりアメリカのニューオーリンズで開催するエバレット・ブラウン写真展「オープンライフを求めて—ラフカディオ・ハーンの日本」(主催:八雲会、ヒストリック・ニューオーリンズ・コレクション/共催:松江市)の展示作品より、10点がコロタイププリントで展示されます。ニューオーリンズの写真展と同日スタートです。
(八雲会HPより)
〇加賀潜戸
 松江市島根町加賀 
 神話が伝わる海の大洞窟「新潜戸(神潜戸)」、賽のかわらのある「旧潜戸(仏潜戸)」をめぐる遊覧船で。
この潜戸は、島根半島・宍道湖中海ジオパークで、「松江市と出雲市のエリア全域に、全部で67ヵ所の魅力的なジオサイト」の中にある。「マリンプラザしまね2Fには、当ジオパークのビジターセンターがあり」、展示を見ることができる。
(島根半島・宍道湖中海(国引き)ジオパーク推進協議会HPより)

戻る